HOME | category |

SHIBA

原産地|日本
歴史と背景
柴は日本古来の土着犬で、「シバ」とは元来「小さなもの」「小さな犬」を意味します。
柴は日本海に面した山岳地帯に生息し、小動物や鳥の猟犬として使われており、その産地ごとにわずかな違いがありました。
近代に入り1868年から1912年にかけて、イングリッシュ・セターやイングリッシュ・ポインター等の犬種がイギリスから輸入され、日本でも狩猟がスポーツになり、これらのイギリス犬種との異種交配が流行すると、純粋な柴は珍しくなり、1912年から1926年までにはこの地域で純粋な柴はほとんど見られなくなりました。
1928年頃からハンター及び知識人が純粋な柴の保護に関心を示し始め、限られた純粋な血統の保護は重大になり、ついに1934年社団法人日本犬保存会のスタンダードが制定され、1936年に柴は天然記念物に指定され繁殖、改良されて今日知られる優れた犬種となりました。
ルックス
小型でよく均整がとれており、骨格がしっかりとして、筋肉がよく発達しています。
体質は強健で素朴感があり、動作は敏捷で、かつ自由で美しさを有しています。

習性/性格 忠実で、感覚鋭敏、警戒心に富んでいます。
毛色 赤、黒褐色、胡麻、黒胡麻、赤胡麻。この毛色は全て「裏白」です。

ヒサにいる子

柴犬
詳細へ >

犬種別ガイド

この犬種別ガイドは、「犬を飼ってみたいんだけど、犬種によって犬ってどう違うの?」と思った方の参考にしていただくために、簡単にですが犬種別の特徴をまとめてあります。犬種によって大きさ・性格・運動量・お手入れの方法は様々です。ぜひ参考にしていただいて、あなたにぴったりのワンちゃん選びにお役立てください。

犬種別ガイド 

お問合せ・ご来店ご予約は
お気軽にお電話ください